台風24号、今後の進路は?沖縄直撃、九州上陸の恐れ[2013/10/07 11:51]

 台風24号は、この後も非常に強い勢力を維持したまま北西に進み、7日夕方には沖縄本島や奄美地方に最も近づく見込みです。台風の速度が比較的速く、風や雨が急激に強まる恐れがあるため、厳重に警戒して下さい。

 台風は7日夜から8日にかけて東シナ海を北上し、暴風域を伴ったまま九州にかなり接近、上陸の恐れがあります。一方、台風から流れ込む暖かい空気と高気圧の影響で、西日本と東日本では季節外れの暑さが予想されています。広い範囲で30度を上回り、2日連続の真夏日になるところもありそうです。10月に真夏日が2日続くのは大阪では14年ぶり、鳥取では67年ぶりの記録です。

こんな記事も読まれています