高速道路料金10円単位に 消費税増税で国交省[2014/01/22 18:03]

 4月からの消費税増税に伴い、国土交通省は、高速道路の料金を10円単位にすると発表しました。

 国土交通省は22日、4月から消費税が8%に引き上げられることを受け、高速道路料金に増税分を公平に転嫁するための対策を示しました。これまでの50円単位を10円単位とする方針です。現金とETC=自動料金収受システムによる支払いの区別はせず、1円単位については四捨五入します。例えば、現在、500円の区間は510円に、600円だと620円にそれぞれ値上がりします。4月以降の交通機関の料金を巡っては、JR東日本や大手私鉄がスイカなどのIC乗車券に限り、1円単位の運賃導入を決めています。