ダイオウイカに続き…ナゾ多い深海生物が続々水揚げ[2014/03/20 18:30]

 珍しい深海生物が次々と水揚げされています。

 富山県の魚津水族館で20日から、ホヤの一種「オオグチボヤ」の展示が始まりました。今月、富山湾の深海350m付近で網に掛かり、捕獲されました。何を食べるのかも分からないなど生態に謎が多く、生きたまま捕獲されるのは珍しいということです。また、北九州市では19日、釣りをしていた男性がリュウグウノツカイを発見しました。全長4.3mあり、引き上げるまでは生きていたということです。北九州市では、17日にもリュウグウノツカイが見つかっています。