GWまで続く?上信越道が法面の亀裂で一部通行止め[2014/04/09 08:00]

 上信越道の一部区間で地割れが確認され、上り線が通行止めになっています。今のところ、復旧のめどは立っていません。

 通行止めは、上信越道上り線の佐久インターから碓井軽井沢インターまでの約19kmの区間です。下りも片側1車線のみの走行となっています。本線の脇にあるコンクリートの法面や管理用の道路に最大で幅4mの亀裂が見つかったためです。ネクスコ東日本によりますと、盛り土された場所で地盤が弱いことに加え、2月の大雪が溶けて水分を多く含んだことが原因とみられています。復旧のめどは立っておらず、ゴールデンウイークまで影響が及ぶ可能性もあるということです。

画像提供:NEXCO東日本