福島第一原発 汚染水約3tが3カ月間漏れ続ける[2014/06/10 05:58]

 福島第一原発で、汚染水約3tが3カ月間、漏れ続けていました。

 漏れが見つかったのは、去年10月の台風でたまった雨水を集めておいたタンクです。その後、天板の開口部から雨水が入って水かさが増え、約3.4tが地面に漏れていました。漏れた水には、ストロンチウムなどの放射性物質が1リットルあたり約1万ベクレル含まれていましたが、東京電力は、タンク内の雨水は放射性物質の濃度が低いと思い込んでいました。このため、タンクを囲むせきの弁を開けたままにしていたうえ、3月からパトロールもせず、2日に原子力規制庁の検査官が見つけるまで気付きませんでした。

「撮影 東京電力」

こんな記事も読まれています