デング熱感染拡大 札幌女性「明治神宮で蚊に…」[2014/09/03 23:31]

 国内でのデング熱の感染拡大が止まりません。新たな感染者のなかには、「明治神宮で蚊に刺された」と話している女性もいます。

 厚生労働省などによりますと、3日までに確認されたデング熱の感染者は、東京の29人をはじめとして全国11都道府県、合わせて48人となりました。全員、先月に代々木公園やその周辺を訪れていたことが分かっています。感染が確認された札幌市の40代の女性は、「代々木公園に隣接する明治神宮で蚊に刺された」と話しているということです。いずれの感染者も容体は安定しているということです。一方、東京都は、代々木公園に設置した蚊の採取装置を3日に回収しました。採取された100匹以上の蚊は研究機関で検査され、5日にもウイルスの有無が判明する見通しです。

「国立感染症研究所 提供」