文科省の運動能力調査 小6のボール投げ過去最低[2014/10/13 05:58]

 小学6年生のボール投げの能力が、過去最低となっていることが分かりました。野球など投げる動作をする機会が減っているためとみられています。

 文部科学省は、6歳から79歳の男女を対象に「体力・運動能力調査」を行っています。2013年度の調査では、小学6年生の男の子で、ソフトボール投げの距離が平均約28mと過去最低でした。50年前より5m近く低下しています。女の子の距離も約17mで過去最低でした。文科省は、「野球のように投げる動作をする遊びの機会などが減ってきているのではないか」と分析しています。一方で、65歳から74歳までの女性は、これまでの調査で最高の体力レベルでした。健康ブームや昔より食事の栄養価が高くなっていることが影響しているとみられます。

こんな記事も読まれています