組織的な犯行か 車の冬用タイヤ約470本盗まれる[2014/10/21 00:42]

 富山県の貸し倉庫から、車の冬用のタイヤばかり約470本が盗まれる事件があり、警察は、組織的な犯行とみて捜査しています。

 20日午前8時前、富山県射水市の貸し倉庫で、窓ガラスが割られているのを出勤した従業員が見つけ、警察に通報しました。警察によりますと、倉庫に保管されていたスタッドレスなど冬用タイヤ約470本が無くなっていて、このうち約200本は大型車用のタイヤで、合わせて1400万円相当だということです。倉庫は工場だった建物を改造したもので、物流会社が大手メーカーから預かったタイヤを保管していました。警察は、複数犯による組織的な犯行とみて、防犯カメラの解析を進めるとともに、不審車両が目撃されていないかなど捜査しています。