富山湾にひょっこりトド出現 たたずむ姿をカメラに[2014/10/22 10:33]

 富山県高岡市の沖合で、船で釣りをしていた男性らが定置網の浮きの上にたたずむトドの姿をカメラに収めました。

 19日午後3時ごろ、高岡市の雨晴海岸から約2kmの沖合で、船で釣りをしていた男性3人が定置網の浮きの上にいたトドを発見しました。男性らによりますと、トドは体長2mから3mほどだったということです。
 トドを発見した男性:「(Q.鳴き声は?)ガォーガォーってみたいな感じで」「(Q.威嚇している感じ?)近付いたら邪魔するなって。寝ているところを…」
 国立科学博物館によりますと、トドは北太平洋に生息していて、冬になると餌(えさ)を求めて南下し、例年、北海道や青森県の海岸で見ることができますが、富山県で確認されるのは極めて珍しいということです。