津波到達が想定される幼稚園や学校は? 全国で調査[2014/10/28 16:50]

 津波の到達が想定される幼稚園や学校は、全国で2800を超えることが分かりました。

 東日本大震災の後、文部科学省は、公立の幼稚園や学校などを対象に津波対策の状況について調査を進めてきました。その結果、各地域で想定されている最大級の津波が発生した場合、「津波が敷地内まで到達する」と回答した学校や幼稚園は、全体の7%にあたる2860校に上ることが分かりました。このうち、1066校が安全対策について「検討中」と回答する一方、校舎の高層化や高台への移転を予定している学校もあるということです。文科省は、「ノウハウを収集して、さらに検討が進むよう働き掛けたい」としています。