ハイエース次々盗まれる 被害100台、多摩地区集中[2014/11/05 11:53]

 東京の多摩地区を中心に、ワンボックスカーのハイエースが盗まれる事件が相次いでいます。被害は、今年に入って100台以上に上ることが新たに分かりました。

 被害は東京・八王子市や国立市など、多摩地区に集中しています。警視庁によりますと、住宅街の共用駐車場や個人宅から比較的新しいハイエースばかりが狙われ、今年に入ってから盗まれた車は100台を超えています。
 八王子市で被害に遭った女性:「車もすっぽり中身ごとなくなって。目が付けられやすい、盗みやすい状況だった」
 国立市で被害に遭った男性:「夜中の3時から4時の間だと思う。1時半とか2時まで仕事しているので。ちゃんと鍵も閉めて、ロックまでしてあって、その状態で盗まれた」
 盗まれたハイエースは解体されて部品に分けられ、海外に不正に運び出されているとみられています。神奈川県と埼玉県でもハイエースが盗まれる被害が相次いでいて、警視庁は、組織的な窃盗団による犯行とみて捜査しています。