イワシの大群また押し寄せる 北海道浦河町の漁港[2014/11/06 11:54]

 3日前、漁港に大量のイワシが打ち上げられた北海道で、港にまた生きたイワシの大群が押し寄せました。

 港を泳ぎ回る大量のイワシ。北海道浦河町では、5日夕方から深夜にかけて、イワシの大群が押し寄せました。港では付近の住民が集まり、網ですくい上げる人の姿が見られました。
 取りにきた人:「興奮して子どもに返っている。冷たいのもなんも気になんないわ」「つくねにしたり、干したり、焼いたり、煮たりします」
 近くには港を埋め尽くすほどの死骸も打ち上げられていて、町では今後、処分の方法を検討するということです。専門家は、今週初めの大荒れの天気で海がしけ、イワシの群れが港へ逃げてきたところ、酸欠で死んだ可能性が高いとみています。