小5→小3で「英語授業」 東京五輪に向け英語力強化[2014/11/20 17:21]

 東京オリンピックの開催も決まり、英語力の強化を目指します。

 下村博文文部科学大臣は、幼稚園から高校までの教育内容を定める学習指導要領の全面改訂を中央教育審議会に諮問しました。英語教育のスタートを、現在の小学5年生から3年生に前倒しし、東京オリンピックを控え、実践で使える英語力の育成を目標としています。さらに、社会のグローバル化のなかで自国の歴史をしっかりと学ぶ必要があるとして、高校での「日本史」を必修教科とすることなどを求めています。

こんな記事も読まれています