救助技術とスピード競う 機動隊対抗の競技大会[2014/11/27 08:00]

 東京・江東区で、警視庁の機動隊が救助の技術とスピードを競いました。

 この機動隊によるリレー大会は、大地震や災害などが発生した際の救助の技術とスピードを磨くためのもので、今年で29回目になります。10ある機動隊の対抗戦という形で行われ、参加した隊員約190人がロープを正確に結んだり、鉄パイプを切断するなどして競いました。また、土砂災害で道路がふさがれたという想定で、土砂などを取り除く訓練も行われました。