世田谷一家4人殺害事件 犯人は夜間に逃走か[2014/12/12 05:50]

 14年前、東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件で、犯人が事件翌日の朝ではなく夜間に逃走した疑いが強いことが分かりました。

 2000年12月30日の深夜、世田谷区の住宅で、宮沢みきおさん(当時44)ら一家4人が殺害されました。警視庁はこれまで、住宅1階のパソコンが31日午前1時18分と午前10時ごろの2回起動し、ネットに接続していたことから、犯人が朝まで現場にいたとみて捜査してきました。その後の捜査関係者への取材で、マウスが机から椅子の上に落下した状態だったことや、午前10時ごろの起動の際にみきおさんの会社のページが表示された後、それ以上、検索した履歴がないことから、再現実験を重ねた結果、マウスの落下による衝撃でパソコンが誤作動した可能性が高いことが新たに分かりました。このため、警視庁は、午前10時ごろに第一発見者のみきおさんの義母が室内に入った際に誤ってマウスを落下させた可能性があると判断し、朝の目撃情報が一切ないことなどから、犯人が夜間に逃走した疑いが強まったとみて、広く情報提供を求めています。

こんな記事も読まれています