人為的ミスか…福島第一原発で汚染水6t漏れる[2014/12/17 21:38]

 福島第一原発で、現時点で使用されていない配管から汚染水約6tが流れ出ているのが見つかりました。東京電力は、海への流出はないとの見方を示しています。

 17日午後、処理装置「ALPS」で一定の処理を終えた汚染水を、配管を通して保管用のタンクに流す作業を始めたところ、配管の1つから水が流れ出ているのが見つかりました。この配管は、現時点で保管用のタンクに接続されていないもので、事態に気付いた東電社員がバルブを閉めるまでの6分間に、敷地内に約6tの汚染水が流れ出ました。東電は、周囲を土のうでせき止めているため、海への流出はなかったとしています。一方で、なぜタンクにつながっていない配管のバルブが開かれていたのか、人為的ミスの可能性が高いとみて調べています。

こんな記事も読まれています