ショック 「万引き」届けた小学生を“犯人扱い”[2015/02/16 16:48]

 誤って子どもたちを万引き犯扱いです。

 警察などによりますと、大分県日田市で今月7日、コンビニエンスストアにいた小学生6人が袋が破れて中身のカードがない商品を見つけ、店に伝えました。しかし、店は翌日、届け出たうちの数人と保護者を呼び出したうえで、万引き犯として警察に通報。署で事情を聴かれた子どもたちは、「やっていない」と話したということです。警察が防犯カメラを調べた結果、別の子どもがカードの袋を開けている様子が映っていました。店は謝罪しましたが、疑われたショックで登校できなかった児童もいたということで、市教委は必要に応じてカウンセラーを派遣するとしています。