「上村君が慕われててムカついた」18歳少年が新供述[2015/03/05 11:55]

 川崎市の中学生殺害事件で、逮捕された18歳の少年が「上村君が皆から慕われていてムカついた」と供述していることが新たに分かりました。

 18歳と17歳の少年合わせて3人は、川崎市で中学1年生の上村遼太君(13)を殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、18歳の少年は事件の1カ月前に、上村君に殴る蹴るの暴行を加えていたのに対し、上村君の友人らが暴力をやめるよう抗議していました。その後の捜査関係者への取材で、18歳の少年が「上村君のために多くの人が集まり、皆から慕われていると思い、ムカついた」と供述していることが新たに分かりました。警察は、上村君へのねたみが事件につながったとみて調べています。