警視庁へのストーカー相談件数が過去最多に[2015/03/09 22:04]

 去年1年間に警視庁に寄せられたストーカーの相談件数は2200件を超え、集計を始めて以来、最多だったことが分かりました。

 警視庁によりますと、去年1年間のストーカーに関する相談件数は2204件で、前の年に比べて約740件増え、集計を始めた2000年以降で最多となりました。ストーカー規制法違反などの疑いで摘発に至ったケースは378件で、このうち6割が交際相手とのトラブルでした。また、無料通話アプリなど、インターネット空間で執拗(しつよう)に復縁を迫ったり、付きまとったりするケースが急増しているということです。