山手線 京浜東北線が全線で運転再開 支柱倒壊復旧[2015/04/12 15:55]

 JR秋葉原駅と神田駅の間の線路内で架線を支える柱が倒れた事故で12日午後、京浜東北線と山手線が全線で運転を再開しました。

 JR東日本によりますと、午前6時すぎ、東京・千代田区にある神田駅と秋葉原駅の間の線路で、架線を支える柱2組が倒れたり傾いたりしているのを近くを走っていた京浜東北線の運転士が見つけました。この影響で、山手線と京浜東北線では約9時間半にわたって一部区間で見合わせていましたが、午後3時半ごろ、京浜東北線と山手線は全線で運転を再開しました。JRによりますと、支柱は現在取り換え工事中で、工事中に何らかのトラブルが起きた可能性もあるとみられています。

こんな記事も読まれています