「119番が一部不通」4時間 原因はシステムの不具合[2015/04/21 19:30]

 東京消防庁への119番通報が4時間にわたって一部つながらない状態になった問題で、通報を受け付けるシステムの不具合が原因だったことが分かりました。

 東京消防庁によりますと、14日午後、23区内で4時間に702件の119番通報がありましたが、このうち60件が千代田区大手町の総合指令室で着信した後、すぐに切れ、つながらない状態になりました。その後の調査で、119番通報を受け付けるシステムの不具合が原因だったことが分かりました。東京消防庁は、携帯電話からの119番通報が全体の約40%に増えていることから、先月、固定電話を受け付ける回線数を減らし、携帯電話の回線数を増やすシステム変更をしていました。東京消防庁では先月にも、119番が9分間にわたってつながらなくなるトラブルがあったばかりです。