「直ちに噴火につながらない」箱根山の火山活動[2015/05/05 00:01]

 火山活動がやや活発になっていることから登山道などが閉鎖された箱根山について、気象庁は「地熱の上昇などはなく、直ちに噴火にはつながらない」との見解を示しました。

 箱根山の大涌谷の温泉施設では高温の蒸気が勢いよく吹き出ていて、気象庁が4日に現地調査を行いました。その結果、周辺の地表面の温度は50度から60度で、大涌谷の他の場所と変わらないことが分かりました。気象庁は、地熱の上昇がなく、火山性地震の規模も小さいことなどから、直ちに水蒸気噴火につながることはないとして、現状の噴火警戒レベル1の引き上げは見送りました。ただ依然として、突発的に高温の蒸気が噴き出す恐れがあるとして警戒を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています