“氷河期よさようなら” 高卒の就職率はバブル並み[2015/05/19 10:33]

 この春卒業した大学生の就職率は過去2番目に高くなり、高校生の就職率はバブル期並みとなりました。

 文部科学省:「建設や製造業のように現場のニーズが強い業界であれば、明らかに売り手市場である」
 文部科学省によりますと、この春に卒業した大学生の就職率は96.7%で、去年を2.3ポイント上回り、4年連続で上昇しています。過去最高だったリーマンショック直前の2008年の就職率に0.2ポイント差まで迫っています。また、高校生の就職率は97.5%、22年ぶりの高水準でバブル期並みとなっています。北陸新幹線開業に伴う建設ラッシュを受け、都道府県別では、1位が富山県の99.9%、2位が福井県と石川県の99.8%となっています。

こんな記事も読まれています