福島で真っ白なスズメ発見 突然変異で色素抜けた?[2015/07/08 16:29]

 突然変異で生まれたとみられます。

 福島県文化センターの庭で見つかったのは、真っ白なスズメ。先月、近くに住む男性が孫と散歩中に偶然、見つけたもので、他のスズメと仲良く飛び回っていたということです。福島市「小鳥の森」によりますと、このスズメは、突然変異で羽の色素が抜けて生まれた「白化個体(はっかこたい)」とみられ、2007年には青森県むつ市でも同じような白いスズメが確認されています。白いスズメは一般的な茶色のスズメに比べて目立つため、天敵に狙われやすく、生き残りにくいということです。