「食物アレルギー」抑える物質…東大グループが発見[2015/07/10 16:49]

 食物アレルギーの症状を抑える物質が発見されました。

 東京大学大学院・村田幸久准教授:「根本的に食物アレルギーを治療することができる点で非常に画期的。体質自体を変えることができるので、今までの治療法と全く違うものができる」
 東京大学大学院の村田准教授のグループが発見したのは、動物の免疫細胞が作る「PGD2」という物質です。マウスに卵白の成分を与える実験で、PGD2を持たないマウスに炎症が強く表れたため、PGD2がアレルギーの症状にブレーキを掛けたことが分かりました。