国会周辺では反対デモ 安保法案 単独採決に抗議[2015/07/15 11:48]

 与党による安保法案の単独採決の見通しを受けて、国会周辺では15日朝から多くの人が集まり、抗議の声を上げています。

 (社会部・猪ノ口克司朗記者報告)
 15日午前9時ごろから国会前に徐々に人が集まり始めました。気温が高く、日差しも強いのですが、安保法案に反対の声を上げる高齢者や女性の姿も多く見受けられます。歩道上に数百人規模で多くの人々が立ち並んでいて、時間を追うごとにその数も増えてきました。参加の呼び掛けもありますが、与党が安保法案を単独採決する見通しを踏まえて、自然発生的に人が集まってきている状況です。
 デモの参加者:「選挙権がない子どものために大人が今、動かなければ、この先心配」「安保法制の内容にも反対だが、何よりプロセスがおかしいし、あまりにも国民を軽視している」
 夕方からは国会周辺で大規模なデモが予定されていて、抗議活動は一日続くことになります。