白バイに乗って記念撮影 子どもたちが警察庁を訪問[2015/07/29 22:06]

 夏休みに、東京・霞が関の中央省庁を見学するイベントで、警察庁では子どもたちがパトカーや白バイに乗ったり、警察の仕事について説明を受けたりしました。

 警察庁を訪れた小学4年から6年までの子どもたち22人は、山谷国家公安委員長と面会しました。警察の仕事について説明を受ける一方、子どもたちからは「大臣と長官の違いは?」などの質問が飛びました。その後、子どもたちはパトカーや白バイに乗って記念撮影をしました。このイベントは30日まで開かれていて、内閣府や金融庁、文部科学省などでは事前の申し込みがなくても参加することができます。