猛暑の都内 熱中症死者40人に 去年の2倍超ペース[2015/08/03 11:46]

 猛暑の影響で、今年7月以降、東京都内の熱中症による死者は40人となりました。ほとんどが60代以上で、エアコンを使用していない屋内で倒れていました。都によりますと、去年の同じ時期と比べて、倍以上のペースで増え続けています。2日の熱中症による搬送者数は、都内だけで163人に上り、東京消防庁は、こまめに水分補給するよう注意を呼び掛けています。