全国に広がるのか…次に再稼働する原発は?[2015/08/11 17:10]

 国内にある商業用原子炉は、現在、48基ありますが、福島第一原発の事故以降、すべて停止していました。11日、鹿児島県の川内原発1号機が約2年ぶりに再稼働。さらに、2号機も約2カ月遅れて再稼働する見通しです。これにより、全国で再稼働の動きが広がっていくのでしょうか。今のところ、次に再稼働するのは愛媛県の伊方原発3号機が有力です。また、他にも老朽化のため廃炉が決まった福井県の美浜原発1、2号機などを除くと、そのうちの24基が再稼働を目指して安全審査を申請しています。しかし、福井県の敦賀原発2号機や石川県の志賀原発1号機では、重要施設の下に活断層があると指摘されていて、先行きは不透明です。さらに、再稼働へ向けて進んでいた福井県の高浜原発3、4号機では、住民から運転差し止めの仮処分が申し立てられ、今年4月、福井地裁が仮処分の決定を下しました。