事件前に手錠・スタンガン…容疑者、都内で職務質問[2015/08/26 18:00]

 事件の2日前、東京都の秋葉原で山田浩二容疑者(45)が警察官に職務質問を受けていたことが分かりました。その際、バッグからは手錠などが見つかりましたが違法性がないため山田容疑者は帰されていました。この東京での山田容疑者に対する職務質問、手錠などの問題。これは、大阪府高槻市の事件との関連を大阪府警はどう見ているのでしょうか。

 (長谷川翼記者報告)
 大阪府警も当然、大きな関心を払っています。というのも、遺体で発見された平田奈津美さん(13)には30カ所以上の切り傷がありました。その際、抵抗する時にできる傷、いわゆる防御創がありませんでした。つまり、体の自由が奪われていた状態だったといえます。その時、今回のようなスタンガンや手錠などが使われていた可能性がもちろんあり得ます。さらに、過去にも山田容疑者は2002年、男子中学生らを車に連れ込んで現金を奪うという事件も起こしています。その際も手錠が使われていました。しかし、警察が山田容疑者の自宅や車を捜索していますが、今のところは、そういったスタンガンなどは見つかっておらず、すでに処分されてしまったという可能性もあります。山田容疑者は完全な黙秘を続けています。警察が本人にしゃべらせて、これらのものを有力な証拠に結びつける、こういったことは今のところは難しそうといえます。