福島県のモミの木に異常 放射線の影響か[2015/08/28 22:10]

 福島第一原発事故で拡散した放射性物質の影響で、福島県の帰宅困難区域に自生するモミの木に異常が生じた可能性のあることが分かりました。

 環境省によりますと、福島県の大熊町と浪江町の帰宅困難区域の山林3カ所でモミの木を調査したところ、幹の成長が止まったり枝が二股になるなどの異常が見つかったということです。放射線医学総合研究所が今年1月、モミ441本について詳しい調査を行ったところ、原発から距離が近く放射線の空間線量が高い地域ほど異常を示す割合が高かったということです。最も空間線量が高い地域では、98%に異常が見つかりました。放医研は検証結果を論文としてまとめ、イギリスの科学雑誌の電子版に発表しました。原発事故の後、環境省が行った野生動植物の調査で異常が見つかったのは初めてです。環境省は、原発事故によって拡散した放射性物質がモミの異常の原因となった可能性があるとみて、因果関係を詳しく調査するとしています。

写真提供:放射線医学総合研究所

こんな記事も読まれています