拉致被害者帰国を願うイベント 東京都庁で開催[2015/09/10 23:14]

 北朝鮮による拉致被害者の帰国を願うイベントが東京都庁で行われました。

 横田早紀江さん:「(めぐみさんは)絶対に生きているんだと私たちは信じて救出の日を待ち望んでいる」
 このイベントには、拉致被害者の家族や舛添東京都知事らが参加し、拉致問題の解決に向けて協力を呼び掛けました。また、都庁のギャラリーでは、横田めぐみさんを身近に感じてもらおうと、めぐみさんの写真や直筆の手紙など約80点が11日まで展示されています。さらに、都庁の外壁を拉致問題のシンボルであるブルーリボンと同じ色でライトアップするイベントも17日まで行われます。