「恐竜より昔の生き物」の化石、日本で初発見[2015/09/22 17:50]

 恐竜より古い時代の生き物の化石が初めて見つかりました。

 「嚢頭類(のうとうるい)」と呼ばれるエビやカニの仲間の化石が宮城県南三陸町で発見され、22日に公開されました。化石は約200個見つかり、恐竜時代よりも古い約4億4000万年前から海に生息していたものです。大きさは数cmから約20cmで、全身が殻で覆われています。大きな目と餌(えさ)の貝などを捕まえるための変わった形の脚が特徴です。現代には生息していません。ヨーロッパで発見されることが多く、日本での発見は初めてです。