「落し物」は1mのニシキヘビ 警察に室温25度で保管[2015/11/10 16:25]

 警察で「落とし物」として保護されています。

 今月7日午前、香川県丸亀市にある建設会社の廃材置き場で、この会社の社長が廃材の下に隠れている長さ約1mのニシキヘビを見つけ、警察に通報しました。見つかったヘビは、日本には生息していないアフリカに住むボールニシキヘビという種類で、現在、警察署で室温25度の部屋に落とし物として保管され、餌(えさ)も食べて元気だということです。警察は、ペットとして飼われていたものが逃げ出したか捨てられたとみて持ち主を捜しています。