人や盾を持って走る!警視庁機動隊員が体力競う[2015/11/26 05:58]

 来年のサミットまであと半年に迫るなか、首都の警備を担う機動隊員が体力を競いました。

 大会には警視庁の10の機動隊が参加しました。約1.6kmのコースを担架に人を乗せて運んだり、ジュラルミン製の盾を持って走るなど、リレー形式で速さを競いました。あまりの激しさに、走り終えると倒れ込む隊員の姿も見られました。フランスの同時多発テロなどを念頭に、緒方禎己警備部長は「機動隊を取り巻く環境は厳しくなっている」と訓示しました。