激しい炎と黒煙…路上で観光バス炎上 東京・池袋[2015/12/28 11:45]

 東京・池袋の路上で停車中の観光バスが激しく炎上し、周辺が一時、騒然となりました。けが人はいませんでした。

 28日午前8時45分ごろ、豊島区池袋で「バスの車内が燃えている」と通報がありました。火は約30分後に消し止められましたが、55人乗りの大型観光バス1台が全焼しました。客は乗っておらず、運転手も避難したため、けが人はいませんでした。
 目撃した人:「変な臭いがするので表を見たら、真っ黒な煙が真っすぐに立ち上がっていた」
 警視庁によりますと、観光バスは群馬県の伊香保温泉に向かう時間調整のため路上で停車していました。運転手は「後部座席の蛍光灯周辺から火が出た」と話していて、警視庁などが出火原因を調べています。