代用品「シバガス」 使用も所持もNGの指定薬物に[2016/02/18 16:18]

 「シバガス」の名称で販売され、危険ドラッグの代用品として広まっている「亜酸化窒素」を厚生労働省は所持や使用を禁止する指定薬物にしました。

 亜酸化窒素は小型ボンベに入れられ、「シバガス」という名称でインターネットなどで販売されています。厚労省によりますと、亜酸化窒素は本来、医療用の麻酔などで使われますが、吸引で高揚感を得られるとして危険ドラッグの代用品として広まっていました。厚労省は18日、医薬品医療機器法に基づき、亜酸化窒素を指定薬物としました。2月28日から医療などの目的以外に製造や販売、所持、使用することなどが禁止されます。