インフルエンザ 今シーズン初、1週間で200万人突破[2016/02/19 15:58]

 インフルエンザの流行がさらに加速しています。

 国立感染症研究所によりますと、今月14日までの1週間で報告されたインフルエンザの患者数は、全国で推計約205万人でした。200万人を突破したのは、今シーズンで初めてです。2週連続で全国的に大きな流行を示す「警報レベル」を超えていて、全国6285の学校や幼稚園などで休校や学年・学級閉鎖の報告がありました。今シーズンは流行入りが遅れたため、例年であればピークを過ぎる2月下旬でも流行が続く可能性があります。

こんな記事も読まれています