“いきなりトラブル”の汚名返上 新型山手線復活へ[2016/03/04 16:35]

 システムトラブルで営業運転を中止していた新型山手線が来週、復活します。

 山手線の新型車両「E235系」は去年11月に営業運転を始めましたが、車両の制御システムの不具合が原因で、初日から車両のドアが開かないなどのトラブルが相次ぎ、運転を中止していました。その後、JR東日本はシステムを直したうえで、去年12月末から試験運転や訓練走行を行ってきました。この結果、異常がなかったとして7日から営業運転を再開することが決まりました。再開初日は外回りで7周する予定だということです。