人口3000人の小さな町に新駅…観光客に期待 青森[2016/03/26 11:49]

 26日、北海道新幹線が開業しました。今回の開業で青森県に新しくできた奥津軽いまべつ駅から報告です。

 (佐藤英樹記者報告)
 人口3000人足らずの小さな町に26日に開業した奥津軽いまべつ駅。タワー棟は青函トンネルのアーチをイメージしたデザインとなっています。26日は1番列車が駅のホームに入ってくると、出迎えた地元の人たちが歓声を上げ、旗を振って歓迎しました。今回の開業で、新たな観光客の流れができることを町民をあげて期待しています。奥津軽いまべつ駅から津軽鉄道に乗り継ぐ新しいバス路線をつくり、観光客が利用しやすい態勢を整えています。しかし、駅の乗降客数が一日50人程度と見込まれていて、どのくらいの効果が出るのかは分かっていません。26日から終着駅ではなくなった青森では、函館と合わせて周遊するプランを提案しています。果たしてどのくらいの観光客が来てくれるのか、今後の課題はそのところにかかっています。