メダルより大切なものある…バドミントン選手に大臣[2016/04/07 13:41]

 リオデジャネイロ・オリンピックへの出場が有力とされていたバドミントンの男子選手2人が違法カジノ店に出入りしていた問題で、馳浩文部科学大臣はJOC(日本オリンピック委員会)からの報告を受けたうえで、今後の対応を協議する考えを示しました。

 馳浩文科大臣:「何のためにスポーツをしているのか、改めて本人は自分自身に問い直してほしい。スポーツにはメダルよりも大切なものがあります。そのことを勘違いしないで頂きたいというのが私の思い」
 馳大臣はこのように述べ、今後、JOCの報告を受けてオリンピック出場について対応を協議する考えを示しました。