熊本で夜間対応の小児科開設 2日間で70人以上受診[2016/04/22 05:52]

 熊本市には夜間も対応する小児科の仮設診療所が開設され、2日間で70人以上の子どもが診察を受けています。

 診療所では午後6時から午後11時まで熊本市内の小児科の医師が対応していて、21日と20日の2日間で74人の子どもが診察を受けました。風邪や下痢、ぜんそくの発作などの症状が多く、医師によりますと「避難所や車中泊など環境が変わり、体力が低下している」ということです。
 診察を受けた親子:「何年かぶりに熱を出した。ここしか開いていなかった」
 市内の医療機関も徐々に再開していますが、日曜日までは夜間の対応を続けるということです。子どもの健康を巡っては、今後、感染症の対策や心のケアが課題になります。