避難所として活用も 防衛省チャーター船が熊本到着[2016/04/22 11:51]

 避難所として使われる可能性のある船が、22日朝に熊本に到着しました。

 防衛省がチャーターした「はくおう」が神戸港から到着し、自衛隊員280人と車両80台を降ろしました。今後、はくおうは八代港に停泊し、国と県は避難所としての活用を検討しています。また、熊本市内では、教育委員会の職員が慣れない中学校の貯水タンクの修理工事をしています。普段は配管工事の業者に依頼しますが、人手が足りないためです。教育委員会には朝から修理の依頼の電話がひっきりなしに掛かってきている状態です。

こんな記事も読まれています