大分で震度5強 由布院駅ではガラス割れる被害[2016/04/29 15:50]

 29日午後3時9分ごろ、大分県で震度5強の地震がありました。この地震による津波の心配はありません。

 最大震度5強の強い揺れを観測したのは大分県由布市で、別府市でも震度3を観測しました。気象庁によりますと、震源地は大分県中部で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.4と推定されています。由布市では建物のガラスが割れるなどの被害が出ていますが、これまでにけが人の情報は入っていないということです。この地震を受けて、気象庁は午後5時15分から急きょ会見を開き、メカニズムや熊本地震との関連について説明を行う予定です。

こんな記事も読まれています