六本木で警視庁などがパレード 防犯など呼び掛け[2016/07/23 07:07]

 週末の夜でにぎわう東京・六本木で警視庁などがパレードを行い、客引き行為の撲滅や安全な街づくりを呼び掛けました。

 パレードは22日午後8時すぎから行われ、港区長や麻布警察署長のほか、六本木を拠点に活躍するアイドルグループなど約100人が参加しました。警視庁によりますと、六本木周辺では先月までの半年間で、事務所荒らしや自転車が盗まれる窃盗事件が370件近く発生しているほか、外国人などによる悪質な客引きが増えているということです。パレードを終えた参加者は、飲食店などが立ち並ぶ六本木交差点で防犯を呼び掛けるチラシを配布し、安全な街づくりを訴えました。