小池知事が“イクボス”宣言 幹部職員に育休促す[2016/09/12 17:04]

 小池百合子都知事が部下の育児を応援する「イクボス宣言」を行いました。

 小池百合子都知事:「残業は私のせいだと感じるところもあると思うが、都庁の残業の比率は高い。働き方を見直していこうではありませんか」
 小池知事は都庁の幹部職員、約400人に対して部下の育児休暇取得を促すなど、育児や介護などに理解がある上司「イクボス」になるよう求めました。また、「幹部職員が率先して業務の効率化や意識改革を進めてほしい」などと述べました。今後は、すべての職場で管理職による「イクボス宣言」を行い、この動きを民間企業などにも広めたい考えです。