体長8メートルのクジラ 茨城の海岸で見つかる[2016/09/14 14:55]

 茨城県日立市の海岸で、ザトウクジラが打ち上げられているのが見つかりました。

 日立市などによりますと、13日正午ごろ、日立市の伊師浜海岸で「クジラが打ち上げられている」と釣りをしていた男性から市に連絡がありました。職員が駆け付けると、体長約8メートルのザトウクジラの死骸が波打ち際に打ち上げられていました。尾ひれには網が巻き付いていました。腐敗が進んでいて、体の中で発生したガスで腹が膨張しているということです。
 近所の人:「(Q.ここで見たことは?)初めてですね。近くに住んでるんですけど」
 市や地元の水族館は、重機を使うなどして死骸を砂浜に埋めることにしています。

こんな記事も読まれています