新国立競技場を防災拠点などに活用…小池知事が要望[2016/09/30 17:19]

 小池百合子都知事が新国立競技場の使い方について要望しました。

 東京都・小池百合子知事:「(工事費が)1500億円というなかで都も負担を強いられていますが、その分、しっかりと都民のために活用するということで、これからもしっかり声を上げていきたい」
 小池都知事は総理官邸で開かれた新国立競技場に関する関係閣僚会議に出席し、2020年のオリンピック・パラリンピックの後は都民の遺産として防災拠点などに活用することを要望しました。また、会議では、工事費約1490億円で業者側と契約する方針が了承されました。

こんな記事も読まれています