東電「原因の特定は難しい」 送電施設の火災で会見[2016/10/12 20:02]

 埼玉県新座市にある東京電力の送電施設で火災がありました。この影響で、霞が関など東京23区で最大37万軒が停電しました。東京電力が緊急会見を開きました。

 東京電力:「お客様をはじめ、広く、社会の皆様に大変なご不便、ご迷惑をお掛け致しましたことをおわび申し上げます」「現場は今、消防も入っていて、現場確認を行っている状況です。火災に至る原因は、今も鎮火は確認できていない状況ですので、原因の特定は非常に難しい状況になっています。原因のところは質問を頂いたとしても、現在、確認中というのが我々も精一杯です」