初飛来に不安募る地元住民 “オスプレイは帰れ”[2016/10/24 11:54]

 アメリカ軍の新型輸送機「オスプレイ」が千葉県木更津市に初めて飛来し、整備拠点化に向けた騒音テストを行いました。木更津駐屯地近くの公園には、整備拠点となることに反対する地元の住民らが集まりました。

 公園には地元の住民ら約150人が集まり、プラカードを掲げてシュプレヒコールを上げました。
 地元の男性:「最大で90.2dB。低音が大きいですね。この辺を飛ぶとなると結構、不安を感じますね」
 地元の女性:「保育所があったり学校があったり、そういう所なんです。『空飛ぶ棺おけ』と呼ばれているとも聞きますし、そういうのを考えるとすごい怖いなと思います」